オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Entertainment > イベント > 佐藤健が心を奪われた「プライベートでまた絶対来たい」場所とは?

佐藤健が心を奪われた「プライベートでまた絶対来たい」場所とは?

4月16日(日)、肥後細川庭園内にある松聲閣にて、佐藤健さんが企画した書籍『るろうにほん 熊本へ』発売記念会見が行われました。


出典:Nosh

『るろうにほん 熊本へ』は、熊本地震の復興を願って出版された本。

佐藤さんの主演映画『るろうに剣心』の撮影で度々訪れているなど、佐藤さんにとって縁の深い場所で、書籍では熊本のおいしい食べ物や素敵なお店、風景など、様々なスポットを紹介しています。

震災後、炊き出しのために訪れた熊本で、佐藤さんは「観光客が減っていると聞きました。僕たちからすると、熊本は大変な状況かと思いあえて行かないところがあるから、すごくもったいない、と思いました。皆さんが熊本に足を運ぶきっかけになったら」と、制作の経緯を語ります。

自然の景色がお気に入りだと話した佐藤さん、中でも好きなスポットについて「無人駅の中でカフェをやっている方がいらして。線路の向こうに広がっているお花畑も、本当にのどかで素敵なんです。人柄がすごく温かくて、いつかプライベートでまた絶対来たいと思いました」と、また来ることを宣言していました。

また、熊本県PRマスコットキャラクター“くまモン”のことを「マブダチ(笑)」と呼んだ佐藤さんは、フォトセッションでくまモンを抱えると、途端にニコニコ。

「くまモン好きなんです。くまモンは、よく見たら目が怖い(笑)。なのに、ギャップですよね」と、くまモンの魅力も語りました。

さらに、この日は集まったマスコミに向けて、佐藤さんが熊本の“うまかもん”名物だご汁を直接ふるまう企画も行われました。

先日、くまもと復興映画祭に訪れた際に初めてだご汁を食べたという佐藤さんは、「おいしかったです。日本人なら、すごく好きであろう味です」と、野菜もたっぷり入ったどこか懐かしい味のだご汁について説明していました。

『るろうにほん 熊本へ』は現在発売中です!(書籍の売上の一部は、熊本の地元自治体へ寄付されます)

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる