オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > コラム > ゾワゾワ…アラサー女の背筋が凍った「元カレ」からの恐怖LINE

ゾワゾワ…アラサー女の背筋が凍った「元カレ」からの恐怖LINE

次の恋が始まると、過去をリセットする傾向がある女性。対して、過去の恋愛を美化していつまでも引きずりがちな男性。

突然別れを告げられて、手の平を返したような塩対応を受けると、男性たちは「なんで?」「どうして?」と戸惑い、復縁を考えるようになるといいます。


出典:Nosh

そんなときに送られてくる“ネトスト”LINE。背筋がゾッとした経験のある女性は少なくないはずです。

そこで今回は、20~30代独身女性たちに聞いた、元カレからの恐怖のLINEを完全公開! ヒートアップした男性の気持ちを静める正しい対処方法もご紹介します。

 

■カレとの繋がりを絶ったはずなのに…

「元カレと友達になることは考えられなかったので、電話もメールもすべて拒否設定していた。LINEはアカウントを新しくして、絶対にバレないように共通の友人とも繋がらないように注意していたのに、なぜか友人申請が来た」(29歳/事務)

恋人関係はもちろん、友人としてのお付き合いもご遠慮していたはずなのに、突然元カレから連絡が……! あらゆる手段を使って繋がってこようとする元カレの執念深さに、思わずゾッとしてしまいますよね。

でも、ここで気を許してはいけません。あなたが本気でカレとの関係を終わりにしたければ、友人申請をブロックして、絶対に反応しないようにしましょう。

 

■元カレからのLINEをスルーして、SNSを更新したら…

「毎日のように送られてくる元カレからのメッセージを未読スルーして、他のSNSを更新したら“どうして俺を無視するの?”、“○○は更新しているのに!”ってメッセージが来た」(28歳/歯科衛生士)

LINEを未読スルーされたことを根に持って、TwitterやFacebookなど他のSNSが更新されていないか小まめにチェックしている、通称“ネトスト”元カレが頻発しているといいます。

「どうして連絡がくれないの?」と言われるのはもちろん、SNSを更新したタイミングで復縁を迫るようなメッセージが送られてきたら、ちょっぴり危険サイン!

元カレに監視されていることを頭に入れて、しばらくプライベートな情報を発信しないように心がけましょう。

 

■せっかく納得して別れたのに…

「交際期間が長かったし、カレは本気で結婚を考えていたから、別れ話を切り出してもなかなか受け入れてもらえなかった。結局1カ月くらい話し合いをして、別れ話がまとまったのに、半年経った今も、週末になると“会いに行っていい?”、“迎えに行こうか?”と彼氏気取りのLINEが来る」(31歳/IT)

別れ話はまとまったはずなのに、未だに彼氏気取りのメッセージが送られてくるのは、まだ元カレの中にあなたがいる証拠。はっきりと拒否する姿勢を見せないと、いつまでも復縁を迫られてしまいますよ。

「仕事に集中したい」と伝えても効果なしなら、しばらく時間を置いてから「恋人がいる」「婚約者がいる」「結婚することになった」と他の男性の存在を明らかにして、きっぱり諦めてもらいましょう。

 

いかがでしたか? たとえ相手に情が湧いてきても、曖昧な態度を見せてはいけません。恐怖のLINEを受け取っても、“見なかったこと”として完全スルーするのが1番です。

はっきりとお断りする勇気を持ってくださいね。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【関連記事】

※ そこはいいって!男がエッチ中に「あまり触ってほしくない部分」ってドコ?

※ ハートマークにキュン♡男がドキッっとする女友達からのLINE

※ たまんねぇ…彼氏に「毎晩でも抱きたい!」と思わせるテクニック

※ 既読スルー確定!男に悪印象を与える「ダメLINE」3つ

※ 2人のキョリが縮まる。好きな男にさりげなくアピールできるLINEテク

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる